交通事故で適正な慰謝料算定を知るべき!

交通事故が起こってしまうと被害者・加害者共に多くの方は困惑してしまうものですが、その一方で最も落ちついているのが保険会社であると言えます。今でさえ交通事故は弁護士を雇用して示談を代行してもらう流れが出来つつありますが、まだまだ多くの方は交通事故に遭うこと自体少ないこともあって弁護士を雇うことを躊躇されます。

しかし、保険会社から言わせると大変好都合でして、それは示談額も自賠責基準を使った不合理に低い基準にて提示をしてくることになります。弁護士を雇えばこれよりも何倍も高い算定基礎による慰謝料を最終的に得られると言うのに、多くの被害者の方の中でそのような事情を知っている方は圧倒的に少ないのです。

そのため、交通事故が起こった時はまず交通事故を専門解決する弁護士に有料でも相談して見ることをオススメします。この際に弁護士費用特約を付けておくと、費用確定後に実質無料で相談することが可能になって行くでしょう。