バス降車時の乗客とバイクとの交通事故での過失は?

日本はマイカーで通勤する人も多いですが、最近は免許も自家用車も持たずに生活する方も珍しくありません。この場合に多くの方は、路線バスを主な交通手段として利用することも多いでしょう。ところで最近はマナーの悪いバイクや自転車がバス降車中の乗客とぶつかってしまうと言うケースが多くなっています。

通常において軽車両に乗っている場合に、前方にバスが泊まっている場合などは右側から追い抜いて行くのが一般的です。しかし、一部のバイクなどは猛スピードでバスと歩道の間を走行する者もいて、降車客を跳ねてしまうことも頻繁に発生しているのです。

この場合の過失になりますと、基本的にバイクはもちろん自転車の運転者の過失100%のケースになることが非常に多くなります。しかし、自転車の場合は保険をかけていないことがほとんどでしょうから、被害者が重大な健康的被害を負って弁護士を雇ってきた場合は慰謝料の負担で運転者は生活が追い詰められる可能性もあるでしょう。